大きく口を開けると口の中でカクカクと音がする、物を噛むと耳の付け根が痛くなる、こうした症状が表れた場合には顎関節症が疑われる。
昨今、この顎関節症の患者が増えてきているとされており、20代から30代の若い女性が多いというのも特徴の1つだ。
とはいえ、軽度であれば放置しておいても問題はなく、自然に完治することも多いためそれほど心配をする必要ない。
だが、重症化すると口腔内の痛みが悪化して食事が満足に摂れなくなったり、耳鳴りや肩こりなどの症状も出てくる場合があることから注意が必要だ。
そんな顎関節症はかつて、噛み合わせが悪いことが主な原因と考えられてきた。
しかし、最近では日常的な動作や過剰なストレスなども挙げられるようになり、一概に特定が難しくなっている。
たとえば、長時間のデスクワークにより座りっぱなしでパソコンに向き合っていると、姿勢が悪くなったり知らず知らずに噛み締め癖がつき、顎への負担が大きくなるというのも問題視されている原因の1つだ。
音が気になる程度であれば問題はないが、悪化をしないように姿勢を正す、頬杖をつかないなど生活習慣を改善することがポイント。
我慢できない痛みになったり、口が開閉しづらいなどの不調を感じる場合には、早期に治療を開始することが大切である。

⇊おすすめサイト⇊
顎関節症の原因